労務管理豆知識No.3<社員教育について>



<社員教育について>

社員教育は企業の経営においてとても重要な仕事です。会社の経営戦略や経営方針を社員に伝え、仕事のなかで実践していくためには欠かせない取り組みです。方法は大きく二つあり、ポイントは下記のとおりです。

1.OFF・JT(主に集合教育)

 ・主に複数の職場から社員を集めて、同じカリキュラムで教育することにより、個性の違いや普段の仕事ぶりが見えてきます。本社が社員の現状と職場の教育状況を把握するためにも必要です。これにより、経営者の方針を同じ内容で伝えることができます。全社で力を合わせるためには、定期的に開催するのがベストです。

・階層別に研修するのが一般的ですが、業務別や部門別に開催することなどにより、先輩の経験や会社の歴史などから若手社員が刺激を受けられて、愛社精神の育成にも役立ちます。

2.OJT(職場内訓練)

・上司や先輩から仕事やマナーなどを教えることをいいます。特に費用はかかりませんし、その場で教えるので確実性が高く、効果が出やすい教育です。

・上司により教育に熱心な人とそうでない人との差が出るのが欠点です。定期的に人事異動をして、上司による教育の差を埋める必要があります。

・OJTを社員教育体系の中心におく会社の場合は、管理職教育がとくに大切となります。

関連記事

  1. 労務管理の豆知識No.17<危機管理について>
  2. 労務管理の豆知識No.16<働き方改革とは>
  3. 労務管理の豆知識No.15<兼職禁止について>
  4. 労務管理の豆知識No.14<5Sの実践で勤労意欲を高める>
  5. 労務管理の豆知識No.13<経営幹部の育成方法>
  6. 労務管理の豆知識No.12<退職後の手続き>
  7. 労務管理豆知識No.11<労働契約法改正への対応>
  8. 労務管理豆知識No.10<高齢者雇用安定法改正への対応>
  9. 労務管理豆知識No.9<社員の病気への対応>
  10. 労務管理豆知識No.8<労働条件不利益変更の要件>
  11. 「人」についての経営相談実施中!
  12. 労務管理豆知識No.7<労務管理の重要性>
  13. 労務管理豆知識No.6<就業規則と経営理念>
  14. 労務管理豆知識No.5<若い社員の意識>
  15. 労務管理豆知識No.4<社員と経営者の絆>
  16. 労務管理豆知識No.2<残業削減のポイント>
  17. 労務管理豆知識No.1<職場の人間関係>
  18. 労務管理

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0

サイト内検索

メルマガ登録・解除