自営業等をしている従業員の雇用保険が拡大されました



令和3年1月1日から、自営業等をしている従業員が、勤務先の雇用保険の適用対象になるケースが拡大されました。

1.従業員として、週所定労働時間が20時間以上で、かつ31日以上の雇用見込があれば、自営していても雇用保険加入が必要となります。

2.従業員としての収入と、自営業等による収入のどちらが多いかに関係なく、「1」の要件を満たせば雇用保険の対象となります。

3.「自営業等」には、他の事業主の下で、法人の役員等をしている場合を含みます。

4.「1」の要件を満たす人を令和2年12月31日までに雇用していて、自営業等の収入が従業員としての収入よりも多いために雇用保険に加入していなかった場合、令和3年1月1日以降に雇用保険に加入することになりますので、雇用保険被保険者資格取得届が必要です。

関連記事

  1. 在宅ワークの推進のポイント
  2. 働き方改革がスタートしました
  3. 労務管理の豆知識No.17<危機管理について>
  4. 労務管理の豆知識No.16<働き方改革とは>
  5. 労務管理の豆知識No.15<兼職禁止について>
  6. 労務管理の豆知識No.14<5Sの実践で勤労意欲を高める>
  7. 労務管理の豆知識No.13<経営幹部の育成方法>
  8. 労務管理の豆知識No.12<退職後の手続き>
  9. 労務管理豆知識No.11<労働契約法改正への対応>
  10. 労務管理豆知識No.10<高齢者雇用安定法改正への対応>
  11. 労務管理豆知識No.9<社員の病気への対応>
  12. 労務管理豆知識No.8<労働条件不利益変更の要件>
  13. 「人」についての経営相談実施中!
  14. 労務管理豆知識No.7<労務管理の重要性>
  15. 労務管理豆知識No.6<就業規則と経営理念>
  16. 労務管理豆知識No.5<若い社員の意識>
  17. 労務管理豆知識No.4<社員と経営者の絆>
  18. 労務管理豆知識No.3<社員教育について>
  19. 労務管理豆知識No.2<残業削減のポイント>
  20. 労務管理豆知識No.1<職場の人間関係>
  21. 労務管理

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0

サイト内検索

メルマガ登録・解除